自然な仕上がりを目指している審美歯科│魅惑の治療法で歯綺麗

Hospital

妊婦と歯科

妊婦は定期的に歯科医院に行く必要がある

子どもの妊娠が分かった時には、早期に歯科医院で検診を行ったほうが良いといわれています。というのも、妊娠すると、色々な口のトラブルが発生しやすいからです。たとえば、妊娠すると、唾液の量が急に減ってしまうために、虫歯が出来やすくなります。その他にも、妊娠は女性ホルモンを増加させるので、歯周病による歯茎の炎症が起こりやすくなります。しかも重い歯周病だと、炎症物質が血液を通して全身に届けられます。よって、子宮を収縮する物質の分泌が促されるので、早産の危険性があります。ある統計によると、歯周病を抱える妊婦が早産になるリスクは、歯周病でない人の7.5倍とも言われています。とても高い数値ですので、妊婦は歯科医院に通う必要があります。

妊婦さんの歯医者で行う治療方法

女性が子どもを妊娠すると、身体の変化とともに口の中の環境も変化します。よって、虫歯や歯周病のリスクを減らすために、きちんと歯科検診を受ける必要があります。近年では、妊婦さんが安心して子どもを産めるように、産前・産後の妊産婦歯科検診を無料で実施しています。それらを利用すると、とても便利です。 歯科検診では、虫歯や歯周病がないか細かくチェックしてくれます。そして、治療する箇所がある場合は、速やかに対処してくれます。 また、歯科検診では、虫歯の原因となる歯垢の除去を行ってくれます。歯垢は、自宅で丁寧に歯磨きをしていても、完璧には磨けていないことがほとんどです。歯石をそのままにしておくと、虫歯、歯周病の進行につながります。ですから、歯科医でクリーニングしてもらうことで、虫歯発症のリスクを減らすことができます。